登山日記

お誕生日ありがとう もしも登山靴に当たりが出たら

更新日:

とてもありがたいことに 5月に誕生日を迎えました

年齢を重ねたせいか
それまではあまりありがたさなど感じなかったのですが...

術後に迎えた最初の誕生日
生きてるんだなぁ なんて思ったりして 生かされているということが少し分かってきたような そんな気になりました

前回 燕山の沢でコケたことから だんなさんがもっといい靴を買おうと言うのでありがたく買ってもらいました

アウトドア用品総合通販

初めは登山が続けられるのか ものになるのかすら見当もつかないし とりあえずということでヒマラヤスポーツにて3900円の登山靴を購入

手頃なお値段からは想像できないくらい 素晴らしい働きをしてくれました!
それというのも三峯奥の宮(妙法ヶ岳山頂)まではボアブーツで しかも人生初登山

最初がそれですから 次に何を履いてもすごい!軽い!グリップする! の感想しか出てこないのは当然と言えばそうなのですが この靴にはたくさん助けられました

ですが 冷え性の私は冬場 靴下を3枚もしくは2枚履くので 足が大きくなっており 買った登山靴はメンズの25.5センチ

私の足はもともとちょっと大きめなのですが
さすがに靴下2枚で試しに行って メンズの25.5は大きかった

足首のホールドが緩く 枯葉などが入りやすい上にちょっと長すぎる感じだし 甲の部分は上が相当余っていました

歩行困難なほどではなかったのですが ジャストサイズではなかった そんな感じです

なので 今回はしっかり下調べをして 日本のブランドなので足型が合いやすいのではないかということから モンベルのタイオガーブーツを選択しました

こちら初心者向けでもあるようですね

今までのものより ソールがかなりしっかりと硬めです
岩場や濡れた所でも滑らないのだそうで  だんなさんがこれにしようと決めてくれました

購入したのは三峯表参道登山の3日前
紐を調整したり 時折履いて歩いたりと少し試して いざ本番となりました

表参道登山の記事にも書きましたが 神社にて当たりが...
登る時 下山の時に痛みが出なかったのが救いでした

私の場合 痛んだのはここの1点のみ

足を踏み込んだ時に曲がる この場所です

両足とも同じ位置 最初は左足から痛み始め しばらくしたら 右も同じ所に痛みが

革靴などによく起こる現象のようで この状況を靴に噛まれるというのだそうです

ソールの硬い靴に起こりやすい現象で 比較的甲の薄い人がなりやすいというものでした

モンベルショップで足型を計測してもらった時は 幅はインソールにちょうど乗る一般的な幅 指が長いのですが レディースの25センチを選んだので爪先が当たることはありません

まさかこんな所が痛くなるとは...

靴擦れも かかとが当たることはあっても こんな所が痛んだことは今まで1度もありませんでした

革靴の場合 靴屋さんに持っていくとオイルを塗って革を柔らかくしてから当たっている部分を拡げるなどの処置を1000円ぐらいで受けられるのだそうですが この場合は一体どうしたら???

そう思って私が出した解決策は 靴擦れパッドを当てること
でもだんなさんの出した解決策は これらを使うこと

家での応急処置として 革靴の場合ドライヤーで温めてから革を伸ばすことができるのだそうです
だんなさんがあれこれやっていたのは知っていました

でも うちにこんな道具まであったとは

私の解決策 パッドを使う作戦はすぐに取れてしまい不向きでした
革靴にはずっと貼り付けておけるのでしょうが 登山靴の素材には無理なようです

それにくっきり曲がる所が決まっているので パッドを付けても痛みます

でもせっかく買ったのだから履きたい!

温めて柔らかくし 伸ばす作戦を決行することにしました

ですがこの器具 何?ドライヤー? なんか燃えそうだし焦げそうだし 不安になった私はまず 一般のドライヤーから試してみたのですがラチがあかず
全然温まらないのです!

そしていよいよ例の器具を試してみることにしました

緊張しながら低温から当ててみると すぐにあたたまった!

そしてこのペンチ?で内側から曲がってしまった部分を押します
何度かやったら履いて家の周りをうろちょろ

これを3度ほど繰り返したら当たらなくなりました

心配だった 燃える 焦げるも起こらず 翌日のお散歩は不釣り合いですがこの登山靴で出かけ40分ほど歩きましたが 痛くない! 全く当たらなくなりました

めでたしめでたしです

自力でここまでやってからふと思ったのですが モンベルでは購入した靴のソールの張り替えも出来と案内してもらったことを思い出し...

もしかしたら お店に問い合わせればもっと安全でパーフェクトな解決策があったのかも知れません

今回はたまたま何とかできそうな道具が家にあったこと せっかく買ってもらったのだから履きたいと焦っていたので自分で何とかしてしまいましたが

こういうことは ショップに問い合わせるのが一番だったのかも...

全部終わってから気づいた私です

おまけ 筑波山山頂で眠るかのん

広告




広告




-登山日記
-,

Copyright© キャバリアときどき菜園日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.