三峰神社 御朱印

御朱印をいただく

更新日:

御朱印を初めていただいたのは三峯神社でした

神社

三峯神社に通い始めたのはもっと前でしたが

一連の御朱印ブームやらパワースポットブームやらいろいろあったので 神社に迷惑のような気がしてしまい...

来られただけでいいや!充分だ!ぐらいに思っていたのです
ですが 京都から来た友人にこの話をしたところ

「お賽銭や氏子さん方からの寄付以外の収入源になるし 神様が許容できる人数しか来られないようになってるから心配いらんで」

と言うではありませんか
その考えはなかった!

京都は有名どころのお寺や神社にはたくさんの人が集まりますが そうでないところとの格差がかなりあったのだそうです

そこにこの御朱印ブームが起こったことで

人が来る→風が流れる→淀んでいたものがキレイになる→活気が集まる→収益に繋がる

こうしたいい連鎖が起こったのだそうです

友人がいつも仕事で通る道にあった人気のなかった神社も 見違えるほど活気付きいい空気になったのだと言っていました(彼女はそういうのが分かる人です)

そういうことなら私も協力できる!
その日から 御朱印をいただくようになりました

三峰神社で御朱印をもらった日から 神社参りについていろいろと考えるようになりました

神さまはどう思っているのだろう?

いろいろ調べてみた結果

神様の器は途方もなく広いので 例え心の中が整っていない人でも受け入れてくれる寛容さがあるということが分かりました

本来 パワースポットや聖地といわれる所は 誰でも安易に訪れていい場所ではないのではないかという考えがありました

何かをあやかりたいだけなんて以ての外!と思っていたのです

なんだか場所が荒れそうだし...

でもそんな人や御朱印ブームに乗ってやって来た人は 大抵1度きりしか来ないであろうことも神さまにはすでにお見通し

敢えて参拝のチャンスを与えてくれているようです

許容してくれるありがたい存在が神様なんだ そう思いました

ですが世の中にはやはり
来る人を選ぶ神社もちゃんと存在しています

急に車が故障したり 仕事の予定が入ってしまったりなどの理由で計画が潰れてしまうこと以外にも 道中での悪天候や急病などで遠ざけられてしまうこともあるのだとか

それを聞くと どんな所にでも たどり着けるだけでありがたいのだなと実感します

登山初心の私ですが
ありがたいことに今のところ 山の神様に許していただけているのでしょうか?

どの山も無事に登って下てりて来られています

全て神様にお任せすることにして
こいつはダメ!と思った時は崖から落とすでも 落石に遭わせるでも どうとでもして下さいと思って登ることにしています

何とか 大丈夫なようですが...

広告




広告




-三峰神社, 御朱印

Copyright© キャバリアときどき菜園日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.