スピリチュアル

カタカムナカード!

投稿日:

 

 

つい先日もお話しました
10年?もうちょっと前だったか 私がすごく興味を持った カタカムナというものについてです

 

ざっと簡単にまとめると

楢崎皐月(ならさきこうげつ 本名さつき)さんという物理学者が
戦後の食糧難を解決せよとの命を受け 磁場調査をしていたところ

六甲の金鳥山で平十字(ひらとうじ)という人物と出会い

楢崎氏が以前 伝承を聞いて知っていた八鏡文字(はっきょうもじ)に似た不思議な記号が書かれた保久良神社(ほくらじんじゃ)の御神体として伝わる巻物を見せてもらい 書き写し持ち帰ったことから現代に伝えられた超古代文明の叡智

 

こんな感じになります

 

 

私がカタカムナを知った頃
これらはいわゆるトンデモという部類に属するものでした

都市伝説とか そんな非科学的と言われる半分面白いお話として見ておいてね という具合のものです

 

前回 なぜカタカムナのことを書いてみようと思ったかというと
登山を始めて 山はイヤシロチなんだな と実感することが多くあったからでした

 

もちろん 磁場を計測したわけでも 証明したわけでもありません

 

うまく言えないのですが 山登りは疲れるのだけれど疲れない

心地よくて 歩くうちに疲労回復
降りたらスッキリ

 

そしてなぜか 「夜 すぐ寝ちゃうだろうなー」と思うような軽い倦怠感は出るのですが 家に帰るとシャキッと目が冴えてしまう

がっつりヨガと瞑想をして なんだかんだと日付けが変わる頃ようやく眠りにつく

 

そんな感じになるのです

 

 

実際 初登山は装備なしで三峰神社の奥の宮まで
手術後3カ月でのことだったのですが 体は何ともなく登れてしまった

 

靴が悪かったせいか ふくらはぎの筋肉痛は当日、翌日とありましたが それだけ

 

その後どの山に行っても  
疲れるどころかどんどん元気になる様な感じでした

 

手術から じき1年になりますが 後遺症などなく 調子よく過ごしています

 

 

場のエネルギー 自然の浄化
そういうものは やはりあるのだな

 

それを知ってもらえたらな と思い トンデモ話ですが ちょっと書いてみようか?
そう思ったのがきっかけでした

 

そしてもう 
書いてしまったのだから怖いものなしだー!

 

そんな心境になったので 今 
日はカードを使って カタカムナの言霊について一緒に見てもらえたら嬉しいなと

 

 

 

 

気になっていた カタカムナ言霊カードを買ってしまいました

 

 

 

木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)が金竜に乗り富士山の上を飛んでいる 
見ているだけで運気があがりそうな とってもありがたいカードです

 

この 丸と直線を使った文字がカタカムナの文字で 中心から円を描く様に読んでいきます

 

読み方は 学生の頃の古典の授業を思い出す あの読み方

 

当時は古典なんて 将来使うことがあるのだろうか? 
と思ったこともありましたが まさかここで生きるとは思っていなかった

 

古典は割と好きだったので カタカムナは最初からとても楽しく読むことができました
本来はカタカムナ ウタヒ というものの説明をするのが一番なのでしょうが

 

今日は簡単に 
かのんの名前を使って 文字と言葉の意味 そして霊数を紹介していきます

  • カ ちから
  • ノ 時間をかける
  • ン 掛かる音を強める

 

とあります

この場合 ンは全ての音の意味を強める働きをするので ちからはさらなるちから
さらに時間をかける という意味で解釈します

 

下の数字は 霊数を表しています
カバラ数秘術の様な印象を受けますね

 

数字の持つ意味を読み解くには 全てを足していき カタカムナの48音に当てはめてます

この場合 25+20+48で 93
9+3で 12 それをまた足して1+2で3

 

この 12と3が かのんという音が持つ意味となります

 

 

 

 

12のとまるの意味は
エネルギーが核の中に入っている状態、圧縮された状態で内側に留まっている

 

エネルギーが充分に蓄えられた 最高潮の状態を指しています
そして圧縮が限界点を超えると 爆発的な力で発揮される

 

 

3の実体・光とは 文字で表すとちょっと難しいです
3次元では光となりますが 2次元ではまだ光っておらず 闇と表されます

ですがこの2つはイコールの関係で 表裏一体です

 

ミ の読み解き方は 源、神、水を表し 全ての実体 とされています

 

これを合わせて解釈すると
かのんとは エネルギーが凝縮された 神なる力、光の源 と言うことができるでしょうか??
(まだ勉強不足なので ちょっと違うかも)

 

氏名は 自分の使命でもあり
生まれる前に自らが決めてくるのだ という話を聞いたことがあります

 

単なる言い伝えや ちょっとした占いの言っていること

 

ではなく 古代からの叡智を知ると
音霊や言霊 数字の持つ意味が本当はとても深いものだったのだと知ることができます

 

身の回りには まだまだ私たちが知らないおもしろいことがたくさん隠れているんだな

しばらくこのカタカムナカードにはまりそうです

広告




広告




-スピリチュアル
-, ,

Copyright© キャバリアときどき菜園日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.