スピリチュアル

カタカムナってなんだ?

更新日:

 

 

今日は かなり脱線します!

 

このタイトルにつけたカタカムナ
ご存知の方はどのくらいいらっしゃるのだろう?

 

私がカタカムナを知ったのは もう10年ぐらい前になると思います

 

 

どこかにもちらっと書きましたが
もともと見えない世界や死後の世界 魂のこと宗教教義って 最終的に何が言いたいの??

 

などなど いろいろなことを考えるのが好きでした

 

実家から離れ 宗教や思想など
どんなものでも制限なく見ることができるようになってから 本当にいろいろな世界が見えてきた そんな感じです

 

そして導かれるまま
読んだ本に書いてあった関連書などを手に取るうちに たどり着いたのがカタカムナでした

 

 

今日の話やばくない?
この人そっちの人かー そう思われる方もいるでしょうが

 

なんだろ それ? と興味を持って下さった方はちょっと読んでみて下さい

 

疲れないように 所々に風景やかのんの写真を入れながら書いていきます

 

 

 

 

カタカムナを初めて知ったのは 船井幸雄さんの本の中で イヤシロチという言葉を知ってからです

 

イヤシロチ(2) [ 船井幸雄 ]

価格:1,728円
(2019/8/24 22:20時点)
感想(8件)

 

イヤシロチとは 漢字にすると弥盛地

 

ますます栄える場所 という意味で その反対にケガレチという言葉もあるのですが

 

漢字にすると木枯地 もしくは気枯地 となります

 

汚れるのけがれではなく 木が枯れる場所
気が枯れる場所 という意味です

 

 

とても単純な言い方をすると

 

イヤシロチで作物を育てると 美味しいものがどんどんできる
商売を始めると お客さんがどんどん来て 繁盛する

 

普通のものを 普通に提供しているだけでも
場のエネルギーが生きていれば お店は大繁盛! 
住まう人はみんな元気で 健康 しあわせ

 

 

逆にケガレチで作物を育てると
小さい物しか育たない あるいは少ししかできない
もしくはみんな枯れてしまう

 

そこに住まいやお店を建てたら
住まう人が病気になる 家庭内が暗くなる
客がこなくて 潰れてしまう

 

店主が怠慢だからでも 住んでいる人が不摂生だからでもなく
場のエネルギーによって そうなってしまうことがあるんです というもの

 

 

このことを知ったとき

 

「なるほど そういうことなのか」

スッと心に入ってきて すごい!そうなんだ!と思いました

 

 

神社仏閣や 主要な建物の多くは イヤシロチに建てられている

 

風水や方位など どうしてそんなにも場所にこだわるのか?と思っていたのですが
そうした謎が一気に解けた そんな瞬間でした

 

ワクワクすることをしなさい ワクワクを基準に物事を決定しなさいと 引き寄せの法則でよく言われますが

文字通りのワクワクは こうしたことを知った時 私の心の中に起こりました

 

 

 

 

このカタカムナと総称されるものを発見し  
研究したのが楢崎皐月(ならさきこうげつ 本名さつき)さんという方

 

このイヤシロチの本の後 すぐに楢崎皐月さんの静電三法と カタカムナを広めるため本を書かれていた深野一幸さんの著書を購入しました

 

おもしろすぎて どんどん読めます

 

 

簡単に要約すると

 

作家 星新一さんのお父様が経営する製薬会社に  
食糧難を解決するための研究を任された楢崎氏が

 

作物の生育に磁場の影響がある事に気付き
全国の磁場を計測する調査の過程で とある人物に出会い 不思議な文字が書かれた巻物を見せられた というもの

 

 

出会いの場所は 六甲の金鳥山

 

私が知った頃は カタカムナ神社と書かれていましたが 現在は保久良神社と呼ぶのだそうで
謎の文字が書かれた巻物というのは この神社に伝わる御神体

 

神社と巻物を守っていたのが
平十字と名乗る 一見猟師か登山家か という風貌の人物だったのだそうです

 

楢崎氏は その文字が 以前伝承で聞いたことがあった八鏡文字ではないかと思ったのだそうで
巻き物を貸して欲しいと申し出ました

 

貸すことはできないが 私が毎夜ここへ持ってくるから 写せばいいと言ってくれたのだそうです
楢崎氏が書き写し 星氏が解読の研究に全面協力してくれたからこそ 現代に残る大切な文献の発見があった

 

というすごいお話です

 

 

実は私が家庭菜園をやってみたいな
と思ったのもこの楢崎氏の静電三法を知ったことからでした

 

本当は これにならって肥料や堆肥は使わずに 作物を育ててみたいのですが
畑の一画を借りている身分では なかなかそれは難しく...

 

 

奇跡のりんごで知られる木村農法とも通じるところがあるのだろうと思います

 

いつか 自然の力だけで野菜を育ててみたい
それはきっとできることなんだ

そう思わせてくれた 大切な出会いの一冊になりました

 

 

そして 言霊という言葉の意味も 再確認させられることとなります

 

日本語やハワイ語など 
母音だけの言語は言霊が強いと何かの本で読んだことがあったのですが

 

カタカムナの文字を見て その意味を知っていくうちに
本当に言葉を大切にしようと思えるようになりました

 

 

長くなってしまったので 続きはまた 次の機会に

気まぐれに綴っているので 次回がカタカムナ文字についてになるかはまだ分かりませんが・・・

 

(深野先生の本は絶版で 古本しかないようです)

【中古】 超科学書「カタカムナ」の謎 神代文字に秘められた〈宇宙と生命〉、驚愕の真相 / 深野 一幸 / 廣済堂出版 [新書]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:1,934円
(2019/8/24 22:22時点)
感想(0件)

広告




広告




-スピリチュアル
-, , ,

Copyright© キャバリアときどき菜園日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.