こむぎ 日常

ハムスターもいます

更新日:

 

我が家の2代目ハムスター 

名前はこむぎ

 

 

これもまた だんなさんがつけてくれました

お世話は私 自然と仲良くなれますが
だんなさんは仕事に集中してしまうとなかなかそうはいかないことも多いものです

なので名前は全部だんなさんにつけてもらおうと勝手に決めていました
初代ハムスター はむきちの名前も もちろんそうです

 

 

はむきちとのご縁はとあるホームセンター

 

骨型ガムを買おうとペットコーナーへ いつもと違う方向から入ってみると そこに小動物コーナーがあることに気づきました

 

幼稚園の頃だったか?
初めてインコを飼ったことがありました

 

きっと不十分だっただろうと今なら分かりますが  当時の自分なりに一生懸命世話をしました

 

ある時 鳥かごごと日光浴させていた時のこと

 

1時間経って さぁお家に入れようとふと見ると インコが居ない
出て行ってしまったのか??

どうしよう どうしよう もう帰ってこないのかな

 

そう思っていたところ お向かいのお屋敷に住む大家さんが 瀕死のインコを手に抱えてやって来たのです

 

うちの猫が取ってきてしまったみたい
おたくの鳥じゃない?

 

.................!!!

 

 

すごーーーくショックでした!幼稚園児にはトラウマ級です

 

そしてインコはすぐに死んでしまいました
いや もう死んでしまっていたのかも

 

 

そういえばそれ以来 行っていなかった小動物コーナー


もうこんな歳になったのでもう平気です!
久しぶりに入ってみました

 

そこにはなぜか たったひとり集団と違う色のハムスターがいて
ひと塊りになってもふもふしている子たちと離れ 隠れるようにしている子がいるではないですか

 

1歳になるジャンガリアンのオス
たったワンコインで売られていました

 

これもまた心がザワザワ
この先この子は?と思うとどうにもならず飼育セットもろとも買って帰ることに


その日から初めてのハムスター生活が始まりました

 

 

ですがたったの2カ月で天国へ
環境の変化が良くなかったのか?

良かれと思ってしたことが 余計なことだったのではと
しばらくまた自問自答の日々

 

まだ新しい飼育セットだけが残りました

 

 

それからだいぶ経ったとある寒い日
なぜか頭にはむきちのことが浮かびまくる日がありました

 

次に浮かぶのはあのホームセンターの小動物コーナーです
何かあるのかな?
はむきちが何か言ってるのかな?

 

なんだか分かりませんが行かないで後悔するより行って後悔しようと思い 営業8時までのホームセンターへ7時過ぎでしたが向かうことに決めたのです

 

人はほぼおらず 締めのお掃除をしているペットコーナー

 

何でもなかったかな?
私がそういうの感じ取れる訳ないもんな

そう思いながら小動物コーナーに入って見てみると 至って普通
なーーんだ 何でもなかったんだな

 

帰ろうとすると やはりひとり不自然に隠れて離れて過ごす1匹を発見しました

 

これか?? これなのか?? この子を連れて帰ればいいのか?はむきちよ?

 

ワンコインでこそありませんでしたがその子も半年が経過した値下げ真っ最中の子でした

 

係の方が清掃用具を持っていらっしゃいませー と入って来たタイミングで この子お願いしますと言っていました

 

それからもう2カ月 だいぶあたたかくなって来ましたね


何か寒さや飢えから救ってくれと言われたのかと思ったのですが こむぎは毎日とても元気に過ごしています

 

何かやるべきことがあると言われたのかも?
そう思った私でしたが 全くもってただの勘違いだったようです

 

 

ですが こむぎが来てくれたことで
我が家はさらに明るく楽しくなりました

 

 

広告




広告




-こむぎ, 日常
-

Copyright© キャバリアときどき菜園日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.