かのん 日常

わんことの絆の結び方

更新日:

 

 

寝ています

今日も 一番いいところ(涼しい)を確保して よーーく寝ています

 

 

 

 

幸せそうに寝ているところをじーっと見ていたら

 

 

 

 

手毛と足毛が伸びていました

 

だいたい2週間に一度を目安にバリカンでカットしているのですが もうこんなに伸びていたのか
日が経つのは早いな そう思いました

 

肉球の毛はどうしてる?
爪切りは?
肛門腺は?
ブラッシングは何日おき?

 

お仲間さんの間でよくこの話になりますが
うちは爪切りとサマーカット以外はだいたいお家でやってるよーと言うと

 

ダメだ!うちは暴れてやらせてくれない
じっとしてないからできないなぁ という話をよく聞きます

 

わんちゃんとの信頼関係ができてないとダメなのよね そう言う飼い主さんもいるのですが
必ずしもそうではないのかな?と私は思うのです

 

トリマーのお姉さん大好きな子も多いですから 信頼関係だけではないのだろうな、と

 

 

 

こう言って ほとんど寝ていてくれるかのんですが

 

こうなるまでにはなでなでやリラックスのためのマッサージ
これからちょっとキレイにしておこうかー?などの声がけというか 話し合いは必須だし

 

手のカットはいいけれど 後ろ足のカットはちょっと苦手だったり
私から見てかのんの頭が左側にある方向の時はブラッシングOKだけど 反対側はちょっと苦手 などなど

 

かのんなりの主張も結構あります

 

じゃあどんな人が 犬にとってのリーダーであり
信頼できる相手なの? 改めて調べてみたことをとても簡単にまとめると

 

共に散歩をし、食事を与えてくれ、安心して休息できる場を与えてくれる人に信頼を寄せるとありました

 

すごく当たり前のことですが
これを継続して自分に与えてくれる人をリーダーだと決めるというのなら なるほど納得の内容です

 

リーダーとしての威厳が大切 という意見もありました

 

例えば同じソファーに座らせない 前を歩かせないなどなど
上下関係を築くために大切なこともあるのでしょうが

 

それより何より 最も単純な共に散歩・食事・安心
これをどんな時も継続して自分に与えてくれる人だと犬に見てもらっていない限りは

 

威厳だけを発動しても ただの威張っている人→嫌いな人 と認識されてしまう

 

これ とっても当たり前のことなのですが
要するに口ばっかし人間では 犬にもそれを見透かされているってことなんだなーと

人間関係を見ているようで 妙に納得してしまいました

 

まれにとっても空気を読める犬もいて
本当はママが一番なんだけど その人が大事にしている人だからとパパが一番だよ!と振る舞っているように見える子もいたりして...

 

 

 

犬から学ぶことも多いなー なんて思ったり

 

そんなこんなで
手足のバリカンを終える頃 大仏のような貫禄たっぷりのお顔で目を開けたまま寝ていたかのん

 

 

お手入れのあとは 最近お気に入りのみかも山公園にお散歩に行って来ました

栃木県に入ると気温も少し落ち着き 木陰を歩き進めるうちに 風も出てきて

 

 

 

楽しくお散歩することができました

 

散歩は確かに わんことの絆を結ぶのにかなり重要な要素の一つだと思いました
信頼している人 リーダーと認めている人に対しては 犬の方からアイコンタクトを送ってきます

家の中ではこのアイコンタクトが何かの要求である場合もありますが

 

お散歩の時は 楽しいとか嬉しい ここに連れて来てくれてありがとう
など感謝の気持ちを表現してくれていることばかりです

 

お座りして笑っていることもよくあります

 

 

 

 

笑顔が出るのは 遊んでいる時や散歩の時が一番多いような気がするのです

 

 

 

 

犬との絆 なんて大きな事をタイトルにしてはみましたが

かのんがもともと 穏やかでいい子だったというのも大きいと思います

 

 

当たり前のことをお互いに楽しくしているだけで なんとなく一番一緒にいる人だ と信頼してもらえた
ただそれだけだと思います

 

他に大したことはしていないのですから

 

その他に 強いていうなら なでなでをきちんとたくさん しっかりしてあげること
これはこたろうと過ごした時からずっと 大事にしてきたことです

 

プロのトレーナーも そう言っていました

 

今までもこれからも 一緒に楽しく 一生なでなで
そんな暮らしが理想です

 

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

広告




広告




-かのん, 日常

Copyright© キャバリアときどき菜園日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.