日常

ボスを探しに行こう

投稿日:

 

 

今朝は雨でしたが 少し経つと道路も乾いてきたので
お散歩に行くついでに ボスの寝床に寄ってこようと思い 出かけました

 

メインの寝床 ボスの住処とも言える駐車場のお宅には
車の脇にボス専用の段ボールが用意されています

 

「居るのかな?」

 

何やら影が見えたので近づいてみたところ 駐車場で産まれた若い猫がそこで寝ていました

 

ボスの寝床を取ったりしたら いけないんじゃないのか?
争いが起こるのでは?
世代交代したということなの?
もう戻らないのだろうか??

 

 

猫と暮らしたことのない私は 猫界の掟をあまりよく知りません

しばらく姿を見ないこと ボスの寝床に他の子が寝ているということは 何を意味しているんだろう?

 

 

 

ボス猫について早速ググってみたところ

 

条件の一つに 人懐こいことが挙げられていました
本当に ボスはいつもたくさんスリスリしてくて ずっと隣に居てくれたっけ

社交家ということなのですね

 

体が大きいことも挙げられており
その他にも仲間には威張らず 他の猫に自分から寄っていくことはせず 挨拶を受ける側なのだとも書かれていました

 

 

確かにいつも ドーーンと座っていたっけ

 

 

 

 

駐車場ではいつも一緒だった ボスの兄弟です
この時ようやくボスの横顔が写真に収められました

 

写真はどれも 初めて会った2年前のものです

 

愛らしい顔というより クールな整った顔 といった感じでした

 

 

 

もう一件も寄って来たのですが 来ていなかったようです

 

時々うちの前も通っていたようだったので 雨が上がったら会えるかも知れない
もう少し待ってみよう

 

 

 

 

のんきなかのんは

犬友さんの焼いてくれたわんこパンが包まれたラップごと寝床に持ち逃げし

 

 

 

 

取られてなるものか!となかなか離さず

しばしの格闘の末

 

 

 

 

ようやくひとかけらをゲットしたのでした

キャバリアはなかなかの食いしん坊です

都合のよい時間や場所で気軽に始められ、無理なく長く続けられる対面式マンツーマンの習い事サービスです。【サイタ】

広告




広告




-日常
-

Copyright© キャバリアときどき菜園日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.