かのん 日常

キャバリアってどんな子? 犬への恩返し

投稿日:

 

 

かのんといると ただただ癒されます

 

 

 

 

かのんはほとんど いや 全く吠えない鳴かないのおっとりタイプ

 

ピンポーン!
これを聞くと吠える子は多いと思うのですが かのんは我関せずといった感じで

 

 

 

 

寝続けます

 

起きている時は誰が来たのー?と玄関まで出てきて尻尾を振っている

基本的にお客さん大好き

 

ちなみにヤマトさん(お兄さん)より佐川さん(おじさま)が大好きで ヤクルトさんには挨拶に来るのですが なぜか日本郵政さんの時は出てもこない

 

上は冬の写真ですが こんな感じで枕と毛布が大好き
くるまっている時は とてもしあわせそうにしています

 

でも器用なタイプではないので

一度出てしまうと自力では毛布の中に入れません

 

 

 

おっとりタイプではあるものの お散歩は大好き
わりとアクティブで 毎日4キロほどを歩きます

 

登山でも 岩場以外の場所は楽しそうに歩いているのですが
登り下りが続くのは 平坦な道のりよりもかなり疲れるらしく 最近は疲れてくると自ら「そろそろリュックに入りたいなー」と言って来るようになりました

 

 

 

 

山頂では おやつを食べるとその後は寝てしまいます

キャバリアはかなりの食いしん坊

 

 

 

 

愛する彼氏がいるのですが 優しいのをいいことに 時々おやつを横取りしてしまう

 

 

 

 

おっとりのばずが こんな時だけは素速かったりする

 

 

 

 

そして子供が大好き

 

特に姪ちゃんとの相性は抜群で
赤ちゃんの時からいつも隣でニコニコ嬉しそうに笑っていました

 

近所の子にも優しくて 犬が触れない子の練習台になってくれたこともあります

今ではすっかり仲良し

 

 

散歩コースの公園で遊ぶ保育園の子たちと交流したこともあります
先生にアレルギーの子がいないか確認してもらいしばらく一緒に遊びました

 

苦手な子はどこにでもいるもので

興味はあるのに なかなかこっちに来られない子が

 

 

 

 

かのんが背中を向けて座ってくれたので
なでなでできた!と笑ってくれました

 

子供の扱いがうまいなーと感心させらる出来事でした

 

 

帰りはみんながタンポポを摘んでかのんに渡してくれたのですが
その光景に なんかもう泣きそうになってしまいました

いや ほとんど泣いていたかも

 

子供と犬って 言葉とかではないもので繋がっているようです

 

 

 

狩猟犬のように特別お利口さんではないけれど
(ランキングでは下位気味?)

 

優しく 性格がよく しつけやすく 初心者向きの犬種ともいわれます

 

温厚で子供はもちろんのこと 他の犬にも初対面の人に対しても社交的
自ら膝の上にのって なでなでを要求したりとスキンシップを好みます

 

かのんといると 犬も子供も人も寄って来る
交流が広がります

 

そんなわんこに 人間ができる恩返しって何だろう?

 

犬仲間さんのわんこが亡くなったと聞いて お花を持って行ったりすることがあるのですが
そんな時 なかなか気の利いた言葉が出てこなくて困ることがあります

 

可愛かった いい子だった

 

こういう言葉って 今言っていいのかな?

飼い主さんの思い出話の相手をする時 どうしたらいいんだろ?

 

これは直接わんこへの恩返しではないけれど
自分の教養として 誰かと接する時に知っておきたい事のひとつだなと思い 最近とても興味があるのがペットロスカウンセラーなど ペットに関する資格です

 

飼い主が高齢になり
散歩やケアがままならないという方の助けになるかも知れないし...

(動物介護士 看護師 ペットシッターの資格)

 

あちこちで比較して検討している最中なのですが

梅雨時の雨と 夏の暑さでお散歩時間や畑での作業が縮小になる今の時期
この時間を活用したいと思っています

 

 

他の子たちにもしてあげられないのかな?とこちらももうちょっと深く勉強しておきたいもの

 

 

前立腺ガンになったこたろうが 後ろ足から徐々に動きが不自由になり寝たきりになった時
朝晩1時間ずつマッサージをしました

寝たきりになるとだんだんと背中や身体が冷たくなっていったのを思い出します

 

後ろ足が動かなくなった直後は
マッサージで立って歩くことができたのですが だんだんと動ける時間が短くなって行き

ついにはマッサージをしても 寝たきりになってしまいました

 

ですが もう動かないはずの尻尾を一度だけパタッと降って 気持ちいいよと言ってくれたことがあります

 

動かない体でも マッサージをしている時は目を細めてうっすら微笑んでいました
健康のために もっと早く始めておけばよかったと 今になって思います

 

 

 

 

癒しをもらって 楽しく暮らしていられるのはわんこたちのおかげです

何か わんこの役に立てることを見つけたい

 

 

 

広告




広告




-かのん, 日常
-,

Copyright© キャバリアときどき菜園日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.